WiFiレンタル便の評判/おすすめな人・おすすめでない人は?

WiFiレンタル便を検討中なら、実際に使った人の評判は気になるところですよね。
ここでは、利用者の評判や、おすすめな人・おすすめでない人について、まとめてみました。
WiFiレンタルを検討してる方の参考になれば幸いです。

WiFiレンタル便を使った人の評判は?傾向をチェック!

まずは実際にWiFiレンタル便を使った人の評判を見てみましょう。
低評価、高評価な意見について まとめてみました。

悪い評判

前回、SoftBankのものをレンタルしたのですが、とても電波が悪く
アンテナ立つ場所を探すのに一苦労でした。今回、ドコモにしたら快適です。
ですが10日も経たずに YouTubeが繋がらなくなりました。
3Gで速度制限…あっという間すぎて、使えない日を考えたら高すぎました。
UQの方にすれば良かった。

最適な電波状況で機器が利用できるよう 商品が発送される前にメールにて
主な利用地域を聞いてくる等、他社にはない きめ細かな対応に感心しました。
が、しかし、実際は地方へ出掛けた際は 電波状態が悪くて使い物になりませんでした。
NTTdocomoのルーターを使っていた友人は 全く問題なくさくさく使えていたので、
Y!mobileのWi-Fiルーターを選んだ 自分のミスだと思います。
次回は値段で選ばないように注意したいと思います。

自宅付近ではDoCoMoの電波は恐ろしいくらい速度が遅かった、動画は何も再生できない。
電池の消耗が恐ろしく速い、6時間くらいしかもたないので、使用しないときは
いちいち電源を切っていた。 やたら発熱する。

(楽天レビューより抜粋)

悪い評判としては、電波状況と容量制限の不満が多く上がっています。

また、バッテリーのもちが悪いというコメントもチラホラ見られます。
電波状況が悪いとバッテリーの消耗が早いため、電波状況の影響も考えられます。
WiFiレンタル便では、モバイルバッテリーもレンタルできるので
予備として一緒にレンタルしておくと良いでしょう。

電波状況は、利用場所とキャリアに依る部分が大きいのですが、
利用者の不満ポイントになりやすい所ですよね。
WiFiレンタル便でも そういう不満が多いらしく、申し込み時には
利用場所とサービスエリアの確認するように注意喚起しています。

容量制限については、特に気を付けたいのがドコモ回線。
月間容量は無制限ですが、それとは別に3日で3GBの制限があります。

他の回線だと1日3GB、3日10GBの制限が多い中、これはかなり厳しめの制限です。
ドコモは繋がるエリアが広いのですが、容量制限が厳しいのは注意が必要です。

良い評判

8月から1カ月間、子供の合宿や旅行用に必要だと思いレンタルしました。
注文後に、使用場所など聞いて下さり、その場所に借りたWIFIでカバーできるかなど
丁寧な対応をして頂き、本当に感謝でした!
山間部や離島などで使用しましたが、全て繋がりとても快適に過ごせました!
また、利用させて頂きたいと思います!!家族全員が大満足でした!

海外在住なので帰国する度に利用していますが、メールで質問、問い合わせをすると
すぐに返信をしてくれ、丁寧に対応してくれとても助かりました。
ただバッテリーパワーパックが旧式のを送られてきたので、
借りるときは新しいタイプのをリクエストした方がいいと思います。
(新しいタイプは青の点滅でどの程度まだ残ってるかなど分かりますが、
私に送られてきたのは旧式で表示されないタイプでした)
その他とても使いやすかったです。又借りたいと思ってます。

結構田舎での使用でも なんの問題もなく使用できています。
速度も速いし途中で途切れることもありません。
欲を言えば電池の持ちがもう少し欲しいですが 無料のモバイルバッテリーでカバーできています。
次回も必ずこのwifiを借ります。

(楽天レビューより抜粋)

良い評価では、快適に使えた、質問やアドバイスに丁寧に対応してくれた
というコメントが多く見られます。

繋がりやすさは、利用場所とキャリア回線の組み合わせに依る所が大きいのですが、
WiFiレンタル便で取り扱いがあるキャリアは、5種類で他社より多め。

5種類の回線のどれを選ぶかで結果が変わってくる可能性があります。
判断に迷ったら、事前にショップの人に尋ねてみた方が良いでしょう。

WiFiレンタル便のメリット・デメリット

ここでは、他のWiFiレンタルと比較したWiFiレンタル便の
メリットとデメリットについて まとめています。

メリット5点

①1日から1日単位でレンタルできる
②選択できるキャリアの種類が多い
③ドコモ回線のプランがある
④支払いに銀行振込、代引、コンビニ決済前払いが使える
⑤土日も営業

まず①ですが、WiFiレンタル便は1日から1日単位の利用が可能です。
ただ、期間が長くなるほど1日あたりの料金が安くなる価格設定なので、
期間が長めの方が割安になります。

②③については、WiFiレンタル便で取り扱いがあるキャリアは
Softbank、Y!mobile、UQ WiMAX、ドコモ、auの5種類。

他に比べて種類が多いだけでなく、珍しくドコモ回線の取り扱いもあります。
ドコモは容量制限が厳しいこともあり、取り扱っているショップは少数派です。
でも、利用場所によってはドコモでないと繋がらないということもあるので、
ドコモ回線を必要としてる人には助かりますよね。

④については、楽天市場での出店だと楽天の決済システムが使えて
銀行振込、代引、コンビニ決済前払いでの支払いが可能です。

他のショップでは支払いはクレジットカードのみという所も多いので、
クレジットカード以外の支払い方法にしたい人にとってはポイント高いですね。

⑤ですが、WiFiレンタル便は土日も営業しており、
問合せ対応や端末の発送に対応してくれます。

他社では土日は発送がお休みだったり、当日発送の〆切が早かったり、
という所もあるので、金曜夜や週末に申し込む時には WiFiレンタル便が有利です。

デメリット3点

①ドコモ回線は容量制限が厳しい(3日3GB)
②料金は他社と比べて やや高め
③キャリアの選択肢が多く 迷うことも

①ですが、珍しくドコモ回線のプランがあるのは良いのですが、
容量制限が3日で3GBと厳しいのが難点です。
繋がるエリアが広いけど、容量制限が厳しいというのが残念。

②は、他社の同等プランと同じ日数で比較すると やや高めになっています。
ただ、割引キャンペーンや送料無料キャンペーンを頻繁にやっているので、
それを活用すると料金差は縮んできます。

③については、メリット②の裏返しでもあるのですが、
選択肢が多い分、かえって迷ってしまう事もあります。

都市部で どのキャリアでも問題ない場所で使うには良いのですが、
地方や山間地だと 選ぶキャリアによっては繋がらなかったりしますからね。

利用場所に応じて どのキャリアが良いかは、WiFiレンタル便のサポート窓口でも
相談に乗ってくれるので、判断に迷ったら問いあわせてみるのが良いでしょう。

WiFiレンタル便がおすすめな人・おすすめでない人

利用者の評判や、WiFiレンタル便のメリット・デメリットから見た
WiFiレンタル便が おすすめな人・オススメでない人について まとめてみました。

おすすめでないのは こんな人

  • とにかく料金が安いのが1番という人
  • 選択肢が多いと面倒な人
  • 大容量通信が必要で 無制限で使いたい人

WiFiレンタル便は、他社と比べると若干料金設定が高めです。
なので、とにかく最安値を探しているという人には おすすめできません。

料金だけで選ぶなら「WiFiレンタルどっとこむ」や「J-WiFi」の方が おすすめです。
WiFiレンタル便は、料金ではなく、回線種類や支払い方法にメリットを感じる人に向いています。

WiFiレンタル便で選べるキャリア回線は5種類。
更にキャリアごとに複数の端末があるので、選択肢が かなり多くなっています。
「選択肢は大い方がいい」という考えの人には 良いのですが、
「選択肢が多いと面倒」という人には あまり向いていません。

通信容量の制限値は、キャリアや機種ごとに違うのですが、
制限が一番厳しいのはドコモの3日間で3GB となっています。

キャリア選択や料金に気を取られていて、容量制限の条件を見落とすと、
「これじゃ使えない!」となり兼ねないので注意が必要です。

WiFiレンタル便で容量無制限なのは、現状、Softbankの303ZTだけです。
ただし、過度なデータ通信や違法性のある通信とみなされると通信制限がかかります。

どの程度のデータ通信量で制限されるかは明示されていないのですが、
他のショップでSoftbank回線にかけられてる上限から推測するに
1日数10GBレベルの通信量がある場合は、制限されるリスクがありそうです。

おすすめなのは こんな人

  • ドコモ回線を使いたい人
  • どのキャリア回線が良いかアドバイスが欲しい人
  • クレジットカード以外の支払い方法にしたい人
  • 週末に申し込んで最短で届けてほしい人

WiFiレンタル便ではドコモ回線のプランがあります。
ドコモ回線の取り扱いがあるレンタルショップは少ないので、
ドコモ回線でないと繋がらない場所で使う人には、おすすめです。

地方や山間地などでモバイル通信が繋がりにくい場所に行く場合、
どのキャリア回線が良いか判断に困ってる、アドバイスが欲しい、 という事がありますよね。

WiFiレンタル便では、国内の主要キャリアを一とおり取り扱っているので、
サポートに問いあわせれば どのキャリアがおすすめか相談に乗ってもらえます。

これは 取り扱ってるキャリアが多いゆえのメリットと言えます。
もし、1種類のキャリアしか扱っていないと、そもそも選択肢がないので
相談に乗ってもらいようがないですからね。

WiFiレンタルはクレジットカード決済のみという所が多いのですが、
WiFiレンタル便では 銀行振込、代引、コンビニ決済前払いが使えます。
クレジットカード以外で支払いたい人には、おすすめです。

WiFiレンタル便は土日も営業しており、16時までの申し込みで当日発送になります。
他社では土日は発送がお休みなところもあるので、
それだと週末の申し込みは発送が週明けになってしまいます。

申し込みが週末だけど、週明け早々に届けてほしいという人は
WiFiレンタル便だと発送が早い分、有利です。

⇒ WiFiレンタル便 公式サイト